2010年03月29日

水俣病不知火患者会、和解案受け入れ決定(読売新聞)

 水俣病と認められていない被害者でつくる「水俣病不知火患者会」の約2100人が、国と熊本県、原因企業「チッソ」(東京)に損害賠償を求めている集団訴訟で、患者会は28日、同県水俣市で原告団総会を開き、熊本地裁が示した1人当たりの一時金210万円の支給を柱とした和解案(所見)の受け入れを正式に決めた。

 被告側はすべて受諾を表明しており、29日の次回和解協議での和解成立が確実になった。

 総会には約1000人が参加。原告団長の大石利生会長が和解案受け入れを提案し、採決の結果、賛成多数だった。

 和解案では、一時金のほか、月額最高1万7700円の療養手当が支給される。患者会の活動費に充てる団体加算金は29億5000万円。支給対象者は、医師らで構成する第三者委員会が判定する。患者会は2005年10月に第1陣50人が提訴。第19陣までの原告の総数は2123人。

 国は、裁判を起こさず被害者救済法に基づく救済を求める団体や個人も、和解案と同様の内容で救済する方針。訴訟上の和解と法による二本立てで、水俣病救済問題は最終的な解決に向かう。

自民中堅・若手が谷垣総裁に「執行部刷新」を直談判(産経新聞)
食料自給率、20年度に50%=食品安全庁設置へ−農業基本計画(時事通信)
<訃報>石井幸夫さん71歳=毎日新聞懇話会最高顧問(毎日新聞)
橋下知事に応酬、伊丹廃港案で兵庫知事「世の中を動かしてみなさい」(産経新聞)
被虐待児童の扱い、議論まとまらず―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)
posted by クワバラ ヨシオ at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。