2010年01月21日

子ども手当など61法案を提出へ 通常国会で政府(産経新聞)

 政府は13日、国会内で開いた民主党の正副国対委員長らの会議で、18日召集の通常国会で、「子ども手当」の支給法案や高校の授業料無償化法案など61法案、条約13本を提出する方針と報告した。

 子ども手当は、衆院選マニフェスト(政権公約)の目玉政策で、支給法案では、初年度となる平成22年度に中学校卒業まで子供1人あたり月額1万3000円を支給する。高校授業料の無償化法案は、公立高校生から徴収する授業料を免除し、私立高校生には所得に応じて年間12万〜24万円を助成する。国民新党が重視する郵政改革法案や、国家戦略室を局に格上げする政治主導確保法案、国と地方の協議機関の設置法案も提出するとした。

 このほか、政府側は永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案など16本については、提出に向けて検討中だと説明した。

安保改定50年で鳩山首相談話「同盟深化、年内に成果」(要旨)(産経新聞)
鳩山首相、ハイチ復興支援に全力=アジア中南米フォーラム開幕(時事通信)
怒声飛び交うゲーム賭博店の緊迫手入れ(産経新聞)
「本国と連絡取れず」ハイチ駐日大使が会見(産経新聞)
<皇太子ご夫妻>神戸入り 震災追悼式典に出席のため(毎日新聞)
posted by クワバラ ヨシオ at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。